恋愛経験が無い30代男性へ!理想の女性と結婚する為の4つの手順

 

「もう諦めようかな・・・」

 

30代にもなると、恋愛や結婚に関して、そんなふうに思ってしまう時もありますよね?

 

私も何度も思ってきました。

 

いっそ諦めてしまえば、もう頑張らなくて良いし、傷付くことも無いです。しかし、諦めてしまうと...

 

「いつか後悔するんじゃ・・・」

「ずっと一人なんて寂しい・・・」

 

こういう不安が襲って来てしまいます。

 

そんな不安を解消する為だけでなく、より素晴らしい人生を送る為にも、もう少しだけ頑張ってみませんか?

 

あなたが理想の女性と結婚する為にすべき事を、新しい視点から提案します。

 

これを読むことで、回り道せず、真っすぐに幸せな結婚へ向かうことが出来るはずです。

 

執筆者:九条竜也
恋愛アドバイザー、心理カウンセラー。14年の心理学の知識と経験をあなたにシェアします。実績(嫁)はプロフィール に掲載。

理想の女性と結婚する為の4つの手順

30代で恋愛経験が無い男性なんて、イマドキたくさんいます。

 

私の周りにも、何人もいます。

 

ただ、それを世間の評価や考え方などに合わせてしまい、「どうせおれなんて・・・」というネガティブな感覚に陥ってしまっている人が多いです。

 

婚活をするにしても、そこを基準にしている為、自信が持てず引け目を感じてしまっています。

 

それは言わば「相手の土俵で戦っている」ということです。

 

「経験は豊富な方が良い」

「経験が無いなんてモテないからだ」

 

そういった不利な戦いを強いられるような場所には入らず、自分の土俵を作り、そこで勝負するのが成功の秘訣です。

 

そして、その具体的な手順が、以下の通りです。

 

  1. どんな結婚生活をしたいかを明確にする
  2. 自分が求める女性を正確に定義する
  3. 自分の強みを活かす方法を考える
  4. 経験を積むことを意識しながら婚活する

 

全てに関して、今あなたが30代であるということを考慮する必要があります。

 

この4つの手順について、詳しく説明していきますね。

どんな結婚生活をしたいかを明確にする

結婚したら、あなたはどんな夫婦生活がしたいですか?

 

ぼんやりとはイメージした経験があるかもしれませんが、それをより明確にしていきます。

 

例えば、いつか子供が欲しいと思っていて、夫婦二人だけの時間もしばらく欲しいと思っているとします。

 

そうすると、子供がいる状態と二人だけの状態が矛盾していますよね?こうなると、あなたの心は戸惑ってしまいます。

 

女性が「子供はすぐに欲しいと思っています」と言うと、あなたは「う~ん・・・二人だけの時間も欲しいからなぁ」と思います。

 

女性が「しばらく二人だけで過ごして、子供はいつかそのうち」と言うと、あなたは「そんなこと言ってて、子供出来なくなったらどうするの?」と思います。

 

結果として、あなたはどちらの女性もイマイチだと感じるんです。

 

また、他にも、年齢的に難しいことや、2つの希望が同時に成立しないような事などがあったりします。

 

ここで一度明確にすることで、深層心理に迷いを無くして、あなたが望む結婚へ真っすぐに進むことが出来るようにしていきましょう。

理想の結婚生活を明確にする実習

20年後くらいまでか、少なくとも10年後くらいまでの、未来予想図ならぬ未来希望図のような物を作るのが良いです。

 

〇年〇月まではこういう生活をする。

〇年〇月までにこうなる。

 

こういった具合に、年と月だけを書いたカレンダーを作って、それに書き込んでいく感じですね。

 

これプラス、平日はどんなふうに過ごすのか?休日はどうする?といった事や、年1回海外旅行へ行くとか、奥さんと一緒の趣味を作りたいとかも考えてみて下さい。

 

それらもこのカレンダーの空いている所に書いておきましょう。

 

30代だということを考慮すると、年月の隣にあなたの年齢も書いて、50代くらいまでは作っておきたいですね。

自分が求める女性を正確に定義する

手順2.は、手順1.と密接な関係があることです。

 

ここで決める結婚相手の女性では、手順1.で決めた結婚生活と合わなくなったりすることがあります。

 

そうなったときは、また1.に戻って書き直したり、こちらの2.の方を書き直したりしながら詰めていって下さい。

 

ここでは、あなたの奥さんになる人は、どんな人が良いのかを「正確に」決めておきます。

 

こちらも、曖昧な状態だと、せっかく現れても気付きにくいからです。

 

  • 専業主婦になって欲しいのか、共働きが良いのか
  • アウトドア派が良いのか、インドア派が良いのか
  • 共通の趣味が最初からあった方が良いのか
  • 大人しい女性が良いのか、活発なタイプが良いのか

 

などなど、二人がお互いに楽しく、幸せな結婚生活を送れそうな女性を考えていきましょう。

 

あなたが30代だということを考えると、女性は何歳~何歳くらいまででしょうか?

 

私の場合は、35歳のときで、対象の女性は27~37歳でしたね。

 

30代男性にとっては少し年下の女性と相性が良い場合が多いです。

 

その理由はこちらで解説しています↓

自分の強みを活かす方法を考える

自分の強みを見つけることが、自分の土俵を作るということです。

 

「おれには、強みなんてない・・・」

 

そう思ったかもしれませんが、安心して下さい。

 

強みと言うのは、「個性」とも言い換えることが出来て、個性とは、良いも悪いもありません。個性とは、他の人たちとは違う、あなたの特徴です。

 

私がよく言っている、短所を長所に変換する方法で、弱みを強みに変えることだって出来るんです。

 

  • 気が弱い → 優しい
  • 怒りっぽい → 熱い男
  • 決断力が無い → 慎重派

 

こんな感じですね。恋愛経験の無さも強みにすることが出来ます。

 

  • 経験が無いから純粋
  • 女性の好きなように調教しやすい

 

などです。

 

他にも、長く続けていることがあれば、大抵のことが強みとして使うことが出来るはずです。

 

30代だということで、20代では太刀打ち出来ないほど長い時間をかけてやっていることがあれば、それは相当強い強みに出来ます。

 

あとは、それを恋愛でどう活かすか考えるだけですね。でも、これは簡単です。

 

あなたはその強みをこれからもどんどん磨いていき、発揮し、それを気に入ってくれる女性だけを恋愛対象にするんです。

 

これが「自分の土俵で戦う」ということなんです。

経験を積むことを意識しながら婚活する

理想の結婚生活、理想の結婚相手、強みを活かす方法まで分かったら、あとはひたすら行動あるのみです。

 

30代で経験が無いというのがネックになっていたとしたら、それはもう解消しているはずですよね。

 

そんな経験を求める女性とは恋愛しないことです。ただし、これは、「出会う女性をどんどん切り捨てて行け」という意味ではありません。

 

むしろその逆です。

 

婚活などで出会った女性は、すべて大切に、誠実に対応していくべきです。

 

その1つ1つが、あなたの経験値になり、女性の事を理解する助けになります。その経験は、必ず今後の人生で活きてくるんです。

 

ただ、あなたが苦手なジャンルに対して、価値を強く置いている女性を無理に追いかけるのは、やめた方が良いと言いたかったのです。

 

あなたの強みを活かせる相手を選んで下さい。

 

最初は上手くいかなくて当たり前なので、へこむ必要はありません。

 

ドラクエのように、経験を積んでレベルアップしていくことで、より強くなり、上手くいくシーンが増えていきます。失敗も楽しむつもりで婚活して下さいね。

 

恋愛や結婚で選ばれる男性になるポイントも参考にして下さい↓

まとめ&おわりに

30代で恋愛経験が無くても、理想の女性と結婚する為の手順を提案させて頂きました。

 

  1. より具体的に未来の結婚生活をえがく
  2. より具体的に結婚相手をイメージする
  3. 自分の強みを知り、自分の土俵を作る
  4. 婚活しながら経験も同時に積んでいく

 

この4つです。

 

心理学を応用し、潜在意識や無意識の混乱や抵抗を取り除いていく方法です。

 

ただがむしゃらに頑張るよりも、このように物事や心を整理して頑張ることで、あなたの望む未来も実現しやすくなります。

 

あなたの幸せな結婚を、心から祈っています。

あなたへの無料プレゼント

出会いアプリなどで気になった女性と、デートまで自然に進む方法をレポートにしました。

 

どんなプロフィールが良いのか?送るメッセージは?どのタイミングでデートに誘う?などを詳細に解説しています。

 

もちろん恋愛心理テクニックを利用していますので、アプリ以外で出会った女性にも使えます。

 

※予告なく変更・削除しますので、今すぐ下↓の緑色のボタンをクリックして、無料で受け取っておいて下さい。

お名前
メールアドレス

上記の「ここをクリックして受け取る」ボタンをクリックすると、私の恋愛心理テクニック公式無料メールマガジン『理想の恋人を手に入れる秘訣』に無料登録されます。登録・解除共に完全無料、いつでも簡単にメール内で解除できます。登録頂いた情報はプライバシー厳守を徹底し、本人から承諾を得ることなく第三者に提供することは御座いませんのでご安心ください。

おすすめの記事