モテる必要無し!真剣な恋愛に使える5つのLINEテクニック

恋愛で使えるLINEテクニックは色々あります。

そして、それらは大抵の場合、
「女にモテる方法」という感じで書かれています。

しかし、モテても、その後どうするんでしょうか?

たくさんの女性に気に入られても、
あなたは一人の女性としか結婚出来ません。
(少なくとも日本では・・・)

だったら、一人の女性に、
思いっきり愛された方が幸せではないですか?

そんな私の考えに賛同して頂けるあなたには、
軽くて薄っぺらい、無意味なテクニックではなく、
実践は大変だけど、効果が高いテクニックを5つ伝授します。

これをマスターすることで、
女性に愛されやすくなるだけでなく、
自信も付き、恋愛が楽しくなるに違いありません。

執筆者:九条竜也 恋愛アドバイザー、心理カウンセラー

恋愛に使える5つのLINEテクニック

これからあなたにお伝えするテクニックは、
LINEを想定していますが、他にも色々応用出来ます。

小手先のテクニックではありません。

まずはしっかり読んで頂き、
実際に行動に移すことで、
感覚的に体で覚えて欲しいのです。

心理学をベースにした、
これらの「考え方」をマスターして下さい。

では、早速見ていきましょう。

今からあなたに伝授するテクニックというのは、

  • あなたは決して傷付かないこと
  • 女性をあなたの望み通りにする
  • 女性に与える姿勢を持つ
  • 相手の気持ちを考えない
  • 相手を手放し続ける

この5つです。

上から順に詳しく説明していきますね。

あなたは決して傷付かないこと

あなたが、女性の言動で傷付くとどうなるか分かりますか?

女性はこう思います。(こう感じます。)

  • 「面倒くさいヤツだな~」
  • 「情けないな~」
  • 「なんか疲れるな~」

私と同じで繊細なあなたは、
ちょっとした事ですぐ傷付いてしまうでしょう・・・

これはどうしようもありません。

しかし幸いにも、これはLINEでの話なので、
傷付いてることは、相手に悟られないようにすることが出来ます。

くれぐれも、
あなたが傷付いた言動に関して、
相手の女性を責めたりしてはいけません。

そういうのは、付き合ってからで良いです。

まずLINEのやり取りが続かないと、
どうしようもありません。

続かせるためには、面倒だと感じさせるのは厳禁なんです。

何があっても傷付かず、
どっしりと構えて、器の大きい男でいましょう。

女性をあなたの望み通りにする

これは、心理学を使って女性を操るという意味ではありません。

あなたが相手の女性をどう思っているのか?
どういう女性として扱うのか?

っという事が、実際にその女性が、
どんな女性なのかを決める一因となるということです。

LINEでやり取りする前に、それを決めておいて下さい。

女性に限らず、人は、
あなたがその人のことをどう思ってるか?
というのを、しっかり感じ取ります。

いくらあなたが上手く隠していたとしても、
だいたいバレてしまうものです。

あなたが気付かないところで表情に出ていたり、
ほんのわずかな、言葉や行動に現れたりしてしまうんですね。

つまり、あなたが女性に対して、

  • 「どうせおれの事なんて、好きにはならないだろうな」
  • 「きっとこの女も、おれの事傷つけるに決まってる」
  • 「付き合ったとしても、浮気しそうだな」

こんなことを思っていたら、知らず知らずのうちに、
「そう思ってます」というメッセージを送ってしまうんです。

そうすると女性の方も、
そんな風に思ってるあなたの事を、
好きになる可能性は、非常に低くなりますよね?

反対に、

  • 「この女性は、きっといっぱいおれの事愛してくれるだろうな」
  • 「こんな優しい女性が、おれの事傷付けるはずがない」
  • 「誠実だから、付き合ったとしても、絶対浮気なんかしないはず」

こんな風に思ってくれてたら、
ネガティブなイメージより、はるかに愛したくなりませんか?

そして、そのイメージ通りの自分でありたいと思うでしょう。

つまり、「女性をあなたの望み通りにする」とは、
相手はあなたが思った通りの女性になりやすいので、
あなたの理想の女性だと信じ、そのように扱ってあげましょうという意味です。

LINEでどんなメッセージを送ろうかと悩むよりも、
相手の女性をどんな人だとイメージするかに注意した方が良いですね。

女性に与える姿勢を持つ

自信が無いと、どうしても受け身になってしまいます。

そうなると、女性側から見て、
あなたに「与える姿勢」が見えないんです。

与える姿勢が見えないということは、
愛してくれそうにないと感じることになります。

そう感じさせてしまっては、致命的です。

なぜなら女性は、我々男性が想像するよりも、
遥かに「愛されたい」と望んでいるからです。

「自分には、何も与えるものなんて無い」

あなたはそう感じるかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

LINEでのやり取りで、

  • 相手の良い所を褒めてあげる
  • 努力や頑張りを認めてあげる
  • 悩みを一緒に考えてあげる

こんなことでも、十分「与える」ことになります。

相手の女性のために、
自分には何が出来るかを考え、それを実行する。

例え失敗しても、その姿勢は相手に伝わります。

「この人は、私を愛してくれる人」
少なくとも、あなたはそう思われることが出来ます。

相手の気持ちを考えない

これは、相手が自分の事を、
どう思ってるかは気にしないということです。

これを気にしていると、どうなるか?

面倒なメッセージをLINEで送ってしまうことになります。

  • 「返事はしなくていいからね」
  • 「鬱陶しかったら言ってね」
  • 「あなたはこう思うかもしれないけど・・・」

例えば↑こんな感じですね。

これがなぜ面倒なのかと言うと、
これを受け取った女性は、こう思うからです。

  • 「返事しなくていいって言ってるけど、しないとあなた傷付くじゃん」
  • 「鬱陶しかったら言ってねって、言えないし、そのメッセが鬱陶しいよ」
  • 「こう思うかもって、あなたがそう思うんでしょ」

私も昔はよくやりました。

物凄く気を遣って、相手の事考えて、
気分を害さないようにしていたんです。

しかし、これが逆効果でした。

私が細かい所まで気を遣っていると、
相手の女性も気を遣い、疲れてしまいました。

相手がどう思うのかなんて、
究極的には絶対分かるはずがありませんし、気にしない方が良いです。

怒らせたら、謝りましょう。

それでダメなら、しょうがないです。

相手を手放し続ける

手放し続けるとは、自由にしてあげるということです。

もっと分かりやすく言うと、束縛しないことです。

相手の女性にあれこれ要求して
実際に束縛するのはもちろんのこと、
あなたの心の中でも束縛しないようにします。

  • 「他の男と一緒に居るなんて許せない」
  • 「おれと会えないのに、友達とは会うのか」

こんなことを考えてしまったら、注意して下さい。

好きな女性の幸せを心から願い、
無償の愛を注ぐ気持ちを持つんです。

彼女が本当に幸せなら、
他の男と結婚しても良いくらいの気持ちが目標です。

これは、なかなか出来ることではありません。

「いつかそうなれたらいいな」
くらいの気持ちでも良いです。

そういう気持ちが、
LINEのやり取りでも相手に伝わり、
余裕がある、愛情深い、器が大きいなどと感じられます。

「大好きなまま手放す」

これが非常に効果的です。

どうでもいいのとは違い、
本物の、深い愛情が伝わるんです。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。

また、他にもメールやLINEで使えるテクニックはあります↓
[clink url="https://love-tech.net/technique-mail"]

まとめ&おわりに

恋愛に使える5つのLINEテクニックをお伝えしました。

  1. やり取りを続かせるために、決して傷付かないこと
  2. 理想の女性を扱うように接すること
  3. 相手の女性に、何かを与える気持ちを持つこと
  4. 相手が自分の事をどう思ってるかは気にしないこと
  5. 現実でも心の中でも、相手を束縛しないこと

どれも実践するのは簡単ではありません。

しかし、少しずつでも、
これらをやり続けると、あなたの恋愛は変わってきます。

女性の反応が変わり、
自分に自信が持てるようになり、
恋愛が楽しく、幸せなものになってくるはずです。

あなたの恋愛を、私がいつも応援しています。

あなたへの無料プレゼント

出会いアプリなどで気になった女性と、デートまで自然に進む方法をレポートにしました。

 

どんなプロフィールが良いのか?送るメッセージは?どのタイミングでデートに誘う?などを詳細に解説しています。

 

もちろん恋愛心理テクニックを利用していますので、アプリ以外で出会った女性にも使えます。

 

※予告なく変更・削除しますので、今すぐ下↓の緑色のボタンをクリックして、無料で受け取っておいて下さい。

お名前
メールアドレス

上記の「ここをクリックして受け取る」ボタンをクリックすると、私の恋愛心理テクニック公式無料メールマガジン『理想の恋人を手に入れる秘訣』に無料登録されます。登録・解除共に完全無料、いつでも簡単にメール内で解除できます。登録頂いた情報はプライバシー厳守を徹底し、本人から承諾を得ることなく第三者に提供することは御座いませんのでご安心ください。

おすすめの記事