恋愛が長続きしない理由!両親が男女関係に悪影響

いつも恋愛が同じパターンで終わる気がする・・・

 

なぜか長続きしない・・・

 

実はその理由は、あなたの両親の関係が大きいかもしれません。

 

両親が男女関係にどのように影響しているのか?

 

その理由を知り対策することで、恋愛を長続きさせることは可能です。

 

ここでは例を使って具体的な対策を解説していきますね。

 

執筆者:九条竜也
恋愛アドバイザー、心理カウンセラー。14年の心理学の知識と経験をあなたにシェアします。実績(嫁)はプロフィール に掲載。

恋愛が長続きしないのは両親のせい?

父親と母親の関係は、私たちが一番最初に見る恋愛関係。

 

そして一番長く見続けるカップル・夫婦の関係です。

 

そう考えれば、私たちの恋愛観や結婚観に多大な影響を与えているというのも、うなずけるのではないでしょうか?

 

まずは単純に、仲が良い両親だったとしたら、子供は恋愛や結婚に対してポジティブなイメージを持ちやすいということです。

 

これは分かりやすい話ですよね。

 

では、例えば父親が母親に対して暴力的だった場合はどうなるのか?

暴力的な父親の影響

恋愛が長続きしない例を1つ挙げて、これについて考えてみます。

 

父親が母親に対して暴力的だった場合です。

 

父親がそんな状態だと母親はいつも激しいストレスにさらされます。

 

そうすると、そのストレスをどうにかしようと目を向けられるのは子供たちだったりします。

 

お母さんも本当は、子供に優しくしたいはずです。

 

でも、お父さんのせいで心に余裕がなくなってしまい、子供につらく当たってしまったりするのです。

 

そこで子供は何を感じるか?

 

「男は恐ろしいもの」
「男は女を苦しめるもの」

 

そして、もし自分が結婚して子供が出来たら、自分の子供は今の私のように苦しむことになる。

 

だから結婚しない方が良い → 恋愛の先に結婚があるから、恋愛が長続きしては困る → 早く別れた方が良い

 

潜在意識や無意識がそう感じてしまうこともあるのです。

 

もちろん、父親に暴力を振るわれようとも子供に優しい母親もたくさんいます。これはあくまで一つの例です。

無意識に影響を与える記憶

そんな経験があっても、大人になると苦しみは希薄になります。

 

色々な大人の事情が分かってきて、意識的には怖いお父さんの記憶なんて恋愛に関係なく感じます。

 

しかしなぜか恋愛が長続きしないというとき、子供時代の両親の関係が影響している事があるんです。

 

潜在意識や無意識に、このような子供時代の記憶が恋愛に対するブレーキとして存在していたりするのです。

 

  • 「オレもお父さんみたいに暴れ出すかも」
  • 「妻がお母さんみたいに辛い思いするかも」

 

そんな声が心のどこかで囁かれている状態。

 

潜在意識や無意識は意識出来ないところが厄介です。まさか子供時代のそんな経験が影響してるなんて普通、夢にも思わないからです。

 

ではどうしたら良いのか?

イメージを書き換える

対応策としては、いくつかあります。

 

その子供時代のつらい経験をカウンセリングなどで癒していくというのが一つ。

 

子供時代の両親の事情を理解し、許していくというのが一つ。

 

これらは一人ではなかなか難しい部分もありますので、簡単に一人で出来ることとしては、友人・知人で幸せそうなカップルを見つけること。

 

そしてそのカップルに、幸せな恋愛や結婚生活などの話を聞いてみましょう。

 

その幸せというのは、世間一般の意見などは無視してください。あなたが良いなって思う幸せです。

 

それを手に入れている人を探して一緒に過ごしたり、自分もそうなりたいなって思っていてください。

 

それだけで全然違ってきますよ。

その他の恋愛が長続きしない理由

両親の関係が影響しているものは結構深いです。

 

では両親関係なく、よく聞くもので、恋愛が長続きしない理由にはどんなものがあるのでしょうか。

 

  • イライラする、ケンカが増える
  • 浮気する、浮気される
  • 寂しい、愛されない
  • すぐ冷めてしまう

 

よく聞くのはこんなところでしょうか。

 

実は別れに至る過程は誰もが通る道だったりします。その節目を乗り越えられるかどうかが、別れるか続くかの境目だったりするのです。

 

その節目は人間誰もが通る、成長プロセスを見て行くと分かりやすいかもしれません。

人間の成長プロセス

対人関係や自分と社会、自分と会社などの関係で人間の成長プロセスというのがあります。

 

この成長プロセスを知っておくことで、いつものパターンから抜け出せたり、ちょっと冷静に自分のことを見れたりします。

 

そんな成長プロセスというのは、

 

  1. ロマンスの時期
  2. 依存の時期
  3. 自立の時期
  4. パワーストラグルの時期
  5. デッドゾーンの時期

 

この5段階を辿ると言われています。

 

それぞれの段階について、どんな心理になるのか簡単に説明していきます。

ロマンスの時期

最初はロマンスの時期で、恋愛で言えば「あばたもえくぼ」の時期です。

 

※あばたもえくぼとは、欠点も長所に見えることの例えです

 

恋人はあなたのために何でもしてくれますし、あなたも何でも許せたりします。いわゆるラブラブ状態ですね。

 

相手に気に入らない所があっても、愛されることに必死ですので我慢します。

依存の時期

ロマンスの時期が終わると、依存の時期がやってきます。

 

ラブラブな時期が終わり、少し慣れが出てくるので、相手が冷たくなったように感じます。

 

そうなると悲しくなるので、

 

「もっと愛してくれよ!」

 

という気持ちや態度が出てきます。

 

  • 「もっと会いたいと思わないの?」
  • 「なんでそんなに離れて歩くの?」
  • 「LINEの返事が遅くない?」

 

などの依存的な気持ちです。

 

そして実際に相手に伝えたりして、あなたの理想に近付いてくれることを期待します。

 

しかし、残念ながら恋人が変わることはほとんどありません。

自立の時期

恋人が全然変わってくれないので諦めを感じ始めます。それが自立の時期です。

 

相手に期待することをやめ、自分は自分で好きにやっていくという感じです。

 

「あっそ!別にいいわ!じゃあおれも勝手にする」

 

と開き直って自立していきます。

 

自分さえ我慢すれば上手く行くという気持ちや、我慢していることが愛情だと思ったりもします。

 

「自分は正しい。相手が間違っている」

 

という、ちょっと上から目線な感覚になりますね。

パワーストラグルの時期

そしてお互いが自立していくと、パワーストラグルの時期がやってきます。

 

自立している状態というのは、

 

「彼女は間違っているけど、オレが我慢している」

 

という状態ですので、お互いが自立状態になるとケンカになるわけです。

 

  • 「お前もうちょっと〇〇しろよ」
  • 「女なら〇〇すべきだろう?」
  • 「そういう所がダメなんだよ」

 

などと恋人に注意するようになります。そしてお互いに、自分のやり方を主張し始めることになります。

 

  • 「男なんだからこうすべきじゃないの!?」
  • 「彼女だったらもっとこうしろよ!」

 

これがパワーストラグルと呼ばれる時期です。

 

先ほどの恋愛が長続きしない例で、イライラする、ケンカが増えるというのは、このパワーストラグルの時期に当てはまります。

 

逆に言うと、やっとケンカが出来るほど二人の仲が親密になったとも言えますね。

 

最初は嫌われるのが怖くてケンカ出来ませんから。

デッドゾーンの時期

最後はいよいよデッドゾーンです。名前からして怖いですね。

 

パワーストラグルの時期に激しいケンカを繰り返していくと、そのうち疲れてしまい、冷戦状態に・・・これがデッドゾーンです。

 

浮気問題などはデッドゾーンでよく起こります。

 

また、パワーストラグルやデッドゾーンでは、カップルが別れてしまうことが非常に多くなります。

 

浮気なんて発覚次第すぐ別れにつながることは多いですよね。

 

多くのカップルがこのデッドゾーンを越えられません。

 

恋愛が長続きしない人に多いのが、ロマンスの時期だけを過ごして、すぐに相手を変えるタイプです。

 

ちょっとでも嫌な事があるとすぐ別れてしまうんですね。

 

では次に、いつも愛されず、恋愛が長続きしないパターンについてです。

いつも愛されない

いつも愛されない理由は、厳しい言い方になってしまいます。

 

あなたが恋人を愛していないからなのでは?ということなのです。

 

愛情は送れば送るほど返ってくるものです。それは実際に相手が愛してくれるようになるからという理由だけではありません。

 

あなたが相手を愛することによって、同じことをされたときに、それが愛だと気付けるようになるのです。

 

例えばお店を出るときに扉を開けておいてあげた。

 

あなたが荷物をたくさん持っていたときに、扉を開けづらかった経験があったから、そうしてあげた。

 

そうすると同じことを誰かにされたとき、

 

「あぁ、私の為に開けておいてくれたんだ」

 

と愛情を感じることが出来るわけです。

 

自分がやってあげた経験が無いと、その愛情になかなか気付けないんです。

 

色んなことで愛情を送れば送るほど、たくさんの愛情に気付けるようになっていきます。

 

これが愛される秘訣になります。

 

見返りを一切求めずに、相手を愛し続ける事が出来れば、恋愛は長続きしやすくなるはずです。

すぐに冷めてしまう

次はあなたがすぐに冷めてしまい、長続きしない場合。

 

すぐに冷めてしまうのは、自分自身を愛していないからではないでしょうか?

 

自分のどんなところもオッケーで、自分を愛している人は他人にも寛容です。

 

あなたは自分のことが大好きですか?

 

すぐに冷めてしまうのは、相手の嫌なところが目につくからだということが多いです。

 

相手の嫌なところが目に付くということは、その恋人はあなたが禁止していることをしているか、自分の嫌なところをその人も持っているかです。

 

そんな恋人を変えようとするのではなく、自分の嫌な所を許して好きになる方がおすすめです。

 

簡単に出来る方法としては、自分の嫌なところを人に話して、その人に「そこが素敵!」と言ってもらうことです。

 

気持ちがこもってなくても効果はありますよ。

恋愛が長続きしない理由のまとめ

恋愛が長続きしない理由は、両親の影響が大きいです。

 

子供時代のお父さんとお母さんの関係が、あなたの潜在意識や無意識に影響を与えているから。

 

そんなときは自分の理想のカップルを見つけて下さい。そのカップルと関わり、理想が実現可能だと自分の頭に認識させます。

 

また、ケンカが増えたり浮気問題が出るときは、人間の成長プロセスでパワーストラグルやデッドゾーンに来ていることが多いです。

 

誰もが通る道だということと、自分が今そこにいることを理解して冷静に対処しましょう。

 

まずは自分自身を愛して、それと同じくらい他人も愛してあげること。

 

あなたの恋愛が幸せに長続きしますように。

超高確率で気に入った女性をゲットできる恋愛方法

 

「このまま一生一人かも・・・」そんな不安を解消して、これからの人生を大好きな女性と一緒に過ごしませんか?

 

まだほとんどの男性が知らない、新しい恋愛方法を使って、コッソリあなただけ素敵な彼女をゲットして下さい。

 

  • カッコイイ外見
  • 言葉巧みな話術
  • 面白く楽しい会話
  • 女性心理の知識
  • 人並以上の経済力

 

これらは必要ありません。

 

今のままのあなたでスタートして6ヶ月後には、91.7%の確率で街を歩くラブラブなカップルたちの仲間入りです。

 

おすすめの記事