menu

(update:

やり方間違ってる?相手を褒める恋愛テクニック

相手を褒めることは、
恋愛でも非常に効果的なテクニックです。

しかし、何でも褒めれば良いというわけではありません。

正しいやり方で褒めないと、逆効果になることもあります。

そして正しい褒め方とは、
「具体的に」「どう感じたか」を伝えること。

「かわいいね」って言っておけば良いという人がいますが、
それではうまくいかないことが多いでしょう。

では今から正しい褒め方を、
具体的に解説させて頂きますので、
女性が本当に喜ぶ褒め方を身に着けて下さいね。

執筆者:九条竜也 恋愛アドバイザー、心理カウンセラー

相手を褒める恋愛テクニック

まずは褒める方法で、
間違ったやり方と、正しいやり方の両方を説明しますので、
その違いをしっかりと理解してください。

根本的な違いを理解することで、
1パターンではなく、応用がきくようになります。

そうすれば、ことあるごとに
「この場合はどうしよう?」
っと悩むこともなくなるはずです。

間違った褒め方

間違った褒め方は、
思ってもいないことを言ったり、
表現が大雑把だったりすることです。

「相手を喜ばせようと、思ってもいないことを褒める」

これは、喜ばせようという気持ちは素晴らしいのですが、
思ってもいないことは、なんとなくバレます。

バレると、褒めたことは逆効果ですよね。

ウソは言わず、「あなたが感じた良い所」で良いのです。

また、表現が大雑把というのは、
「優しいね」「面白いね」だけで終わっているということです。

「〇〇さんって優しいね」

これだけだと、「なんで?」ってなりますし、
ほんとに思ってるのかな?って思ってしまいます。

何がどう優しいのか?何でそう感じたのか?いつ?どこで?

こういう細かいことを、
言わない人があまりにも多いのです。

それでは、残念ながら相手の心には響きません。

正しい褒め方

では、正しい褒め方をお伝えします。

冒頭で言ったテクニックは、
「具体的に」「どう感じたか」を伝えること。

例えば、「優しいね」と伝えるとき、
出来るだけ詳細に、なぜそう感じたのかを伝えるわけです。

「こないだ映画を観に行ったときのこと覚えてる?
 開演前に時間潰してたときさ、チケット落とした人がいたよね。
 そのとき〇〇さん、すぐに拾って渡しに行ってたじゃん?
 正直、おれは見てみぬふりしようとしてたから、
 そのとき、〇〇さんってすごく思いやりがあって
 優しいなって思ったんだよね。
 人の為に行動出来る勇気もあるし、すごいね。」

こんな感じで、可能な限り詳しく伝える。

そうすることで、
あなたが褒めたことが本心であるということと、
愛情も同時に伝わり、心に響きやすくなるんです。

これが正しい褒め方のテクニック。

褒めたときの相手の反応

間違ったやり方と、正しいやり方の両方で、
実際に試してみてください。

お相手の女性の反応が、きっと違いますから。

女性がどういうタイプかによって変わってきますが、
正しい褒め方をすれば、重みがある反応が得られるかもしれません。

例えば、明るいタイプの女性なら、
間違った褒め方だと、「ありがと♪」と軽い返事で、
正しい褒め方だと、「え?いや、そんな・・・」みたいな感じです。

恋愛関係を望むなら、重みがある後者の方が良いですよね?

正しい褒め方は、伝える私たちも恥ずかしさを感じるので、
言われる女性のほうも恥ずかしい場合が多いです。

ですので、人によっては、
それをごまかすために怒ったり、
「なに言ってんの?」ってバカにしてきたりするかもしれません。

しかし、それでもあなたは冷静に、
「伝えたいと思ったから言っただけだよ」と真剣な表情で話すのです。

これで褒めたことの効果は抜群に違いありません。

そのときの反応はイマイチに感じても、
ボディブローのように後々じわじわ効いてきますよ。

まとめ&おわりに

相手を褒めることは、効果的な恋愛テクニックです。

でも間違った褒め方をしていると、
効果が無かったり、逆効果になってしまうこともあります。

正しい褒め方とは、
出来るだけ詳細に、感じたことを伝えること。

いつ、どこで、どんなときに、なぜそう感じたのか?

最初は難しいかもしれませんが、
これは付き合ってからも、結婚してからもずっと使えるテクニック。

慣れるまで練習して、自然に出来るようになっておきましょう。

そして、正しい褒め方をすると、
女性が予想外の言動をするかもしれませんが、
あなたはブレずに、真剣に言い切ってください。

これであなたの誠実さと愛情が、しっかりと伝わるはずです。

関連記事

  1. モテる必要無し!真剣な恋愛に使える5つのLINEテクニック

    モテる必要無し!真剣な恋愛に使える5つのLINE…

    恋愛で使えるLINEテクニックは色々あります。そして、それらは大抵の…

  2. 振られた彼女に連絡しない方が良い3つの理由

    振られた彼女に連絡しない方が良い3つの理由

    「振られた彼女に連絡しない方が良い」そう言われても...「本…

  3. 恋愛でライバルに勝つ方法!牽制は必要?真の男の戦い方とは

    恋愛でライバルに勝つ方法!牽制は必要?真の男の戦…

    恋愛でライバルが現れたとき・・・苦しくなりますよね。焦ってしまい…

  4. メールで使える意外と知らない5つの恋愛テクニック

    メールで使える意外と知らない5つの恋愛テクニック…

    女性との会話で、何を話して良いか分からず、沈黙になってしまう・・・…

  5. 追われる恋愛テクニック!女性が追いかけたくなる4つの要素

    追われる恋愛テクニック!女性が追いかけたくなる4…

    恋愛に関して、「追うより追われる方が良い」なんて言われることもありま…

  6. 最強の恋愛テクニック!美人を落とすには中身を褒める

    最強の恋愛テクニック!美人を落とすには中身を褒め…

    本当に最強の恋愛テクニックは純粋な愛情で、それに勝るものはありません。…

  7. 恋愛に興味ない女性の落とし方!草食系男子に有利なテクニック

    恋愛に興味ない女性の落とし方!草食系男子に有利な…

    恋愛に興味無い女性って難攻不落ですよね。私も挑戦しましたが、半分…

  8. 恋愛対象かどうか聞くのはNG?女性への3つのアプローチ法

    恋愛対象かどうか聞くのはNG?女性への3つのアプ…

    気になる相手との関係がなかなか前に進まないとき...または、アプロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール画像

恋愛アドバイザーの九条と申します。

某大手カウンセリングサービス会社の「心理カウンセラー養成講座」を卒業。


およそ13年に渡り、心理学を学び実践しています。


「失恋だらけの人生」「2度の離婚」そんなどん底状態から一転、39歳で過去最高の女性と結婚することに成功。


自身の経験と心理学から導き出した
「独自の恋愛成功法則」を世の男性たちに伝えています。


詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ

お問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ。

ピックアップ記事

  1. 自信が無くても大丈夫!恋愛経験をサクサク積む3つの手順
  2. LINEの返事が遅い時の心理!恋愛でありがちな5パターン
  3. 恋愛対象かどうか聞くのはNG?女性への3つのアプローチ法
  4. 恋愛で必須の会話!感情のコミュニケーションが大切な3つの理由
  5. 好きな女性はどのタイプ?恋愛心理を刺激する3つの型を見極める方法
  6. 恋愛で因果応報の本当の意味とは?略奪愛が不幸になる3つの理由
  7. 恋人作りには障害?恋愛や結婚の条件を1つに絞るべき理由
  8. 恋愛経験が無いけど女性と付き合いたい30代男性へ
  9. 恋愛のドキドキはいつまで?苦しくて疲れる状態から解放される秘訣
  10. 心理学の投影という意味を知り日常生活で役立てる方法

ピックアップ記事2

  1. 自信が無くても大丈夫!恋愛経験をサクサク積む3つの手順
  2. LINEの返事が遅い時の心理!恋愛でありがちな5パターン
  3. 恋愛対象かどうか聞くのはNG?女性への3つのアプローチ法
  4. 恋愛で必須の会話!感情のコミュニケーションが大切な3つの理由
  5. 好きな女性はどのタイプ?恋愛心理を刺激する3つの型を見極める方法
  6. 恋愛で因果応報の本当の意味とは?略奪愛が不幸になる3つの理由
  7. 恋人作りには障害?恋愛や結婚の条件を1つに絞るべき理由
  8. 恋愛経験が無いけど女性と付き合いたい30代男性へ
  9. 恋愛のドキドキはいつまで?苦しくて疲れる状態から解放される秘訣
  10. 心理学の投影という意味を知り日常生活で役立てる方法

最近のコメント

    PAGE TOP