menu

(update:

恋愛にテクニックがいらない理由とデメリット

恋愛テクニック、使ってますか?

  • 「ボディタッチをする」
  • 「気の無いフリをする」
  • 「とにかく褒める」

こういった単純なものから、
心理学を使ったザイアンスやミラーリング、ダブルバインドなど。

これらは確かに一定の効果はあります。

しかしこれだけで、
大好きな人に心から愛される幸せを手に入れることは出来ません。

こういうテクニックを使うことのデメリットと、
恋愛にテクニックがいらない理由を今からお話します。

そして最後まで読み進めることで、
あなたは恋愛テクニックを使うことよりも、
最愛の女性に愛される近道が分かるようになるはずです。

ブログ管理人恋愛アドバイザーの九条竜也です。
13年以上実践している心理学と恋愛経験を活かした成功法則を伝えています。
 

恋愛テクニックのデメリット

効果的な、魔法のような恋愛テクニックを探して、
あなたはどれだけのページを巡ってきましたか?

そんなあなたにこれからお話することは、
恋愛テクニックなんていらないという内容ですが、
最強の恋愛テクニックを知ることと同じくらい効果があります。

まず、恋愛テクニックを使った場合、
少なくとも2つ、以下のようなデメリットがあります。

  1. テクニックを使ってもバレる
  2. 愛されていると感じない

順番に詳しく説明していきますね。

あなたの恋愛テクニックはバレています

全てとは言いませんが、
あなたが使った恋愛テクニックは大概相手にバレてるんです。

例えばあなたがネットで調べた数々の恋愛テクニック。

もし相手もそれを見ていたら、当然全部バレバレです。

そうでなくとも、「どっかで見た」「誰かに聞いた」などで
知っている可能性は十分にあります。

また、メンタリストのDAIGOさんのように、
その道のスペシャリストならともかく、
素人がちょっと勉強して使ったところで、違和感ありまくり。

相手は、「あっ今のフットインザフェイス使ったな」とか、
「一貫性の法則で来たか~」などと思うわけではありません。

しかしなんか変だな~とか、違和感を感じるわけです。

※フットインザフェイス:
無茶なお願いから徐々にハードルを下げていくことで、
目的のお願いを受け入れやすくさせるテクニック。

※一貫性の法則:
必ず「YES」と答える質問を繰り返した後、
「YES」と答えて欲しい質問をするなどのテクニック。

違和感を感じると、
「なんだかこの人とは合わないな」とか、
ひどいときは「気持ち悪い」とまで思われてしまうこともあるのです。

テクニックを使って愛を感じますか?

また、仮にあなたの恋愛テクニックが上手くいったとしましょう。

好きな女性がテクニックにまんまと引っかかり、
連絡先を手に入れ、デートをして、お付き合いまでいったとします。

ではここで質問を2つ。

  1. あなたはいつまでこの恋愛テクニックを使うつもりですか?
  2. あなたは彼女に本当に愛されていると感じるでしょうか?

必死で勉強して、会話の構成を考えたり
話す内容やしぐさまで準備して・・・疲れませんか?

心理学をベースにした恋愛テクニックを使ったことで、
好きな女性が付き合ってくれたわけですが、
彼女は本当のあなたを愛してくれているのでしょうか?

ありのままのあなたが愛されて、初めて愛情って感じるものなのです。

恋愛テクニックを使い続けていると、
いつまでたっても本当の愛情を感じることが出来ないのではないでしょうか。

テクニックより大切なもの

先ほどお話したように、
恋愛テクニックにもある程度の効果はあります。

しかし「たくさんの女性にモテたい」とか、
そういう目先の利益にとらわれていると、
もっと良い物や大切な物を逃してしまいかねません。

それよりも、大好きな一人の女性に
愛される幸せを手に入れたいと思いませんか?

そう考えると、
このような恋愛テクニックなどいらないことになります。

あなたが大好きになるような
素晴らしい女性に愛される男になるには、
どうすべきかを考えた方が良いのです。

私もそうだったのですが、どうしても次の様に考えてしまいます。

彼女が欲しい! → 女性に好かれなくては! → モテる男になりたい!

実は、これが罠でした・・・

ターゲットをたくさんの女性にするのではなく、
ただひとり、あなたと本当に愛し合うことが出来る女性に絞る。

それであなたのことを好きにならない女性なんて放っておくべきです。

恋愛テクニックなんていりません。
あなたの真実の愛に勝るものなどないのです。

あなたと本当に愛し合えるただ一人の恋人は、
こちらの心理テストで導き出してみて下さい↓

まとめ&おわりに

恋愛でテクニックを使うことのデメリットは、
実は相手にバレてることがあるということと、愛情を感じられないこと。

本当に愛し合える女性と一緒になるためには、
より多くの女性にモテるようになるのではなく、
ターゲットを最高のひとりだけに絞ることが大切。

長い目で見て、幸せな恋愛をするためには、
恋愛テクニックはいりません。

なぜなら、どんな恋愛テクニックよりも効果的なものは、
あなたの大きな愛だからです。

関連記事

  1. 気が強い女性は好きですか?3つの特徴と恋愛方法を伝授

    気が強い女性は好きですか?3つの特徴と恋愛方法を…

    気が強い女性は魅力的だと思います。あなたは好きですか?しかし…

  2. メールで使える意外と知らない5つの恋愛テクニック

    メールで使える意外と知らない5つの恋愛テクニック…

    女性との会話で、何を話して良いか分からず、沈黙になってしまう・・・…

  3. 好きバレしない恋愛テクニック!女性と距離を縮める4つの手順

    好きバレしない恋愛テクニック!女性と距離を縮める…

    あなたの恋愛テクニック、好きバレしてませんか?相手の女性があなたの事…

  4. 連絡しない恋愛テクニック!その3つの間違いと正しい使い方

    連絡しない恋愛テクニック!その3つの間違いと正し…

    あなたは、恋愛テクニックを正しく使えていますか?好きな人の気を引くた…

  5. 草食系男子が有利!女性との関係を恋愛に持ち込むテクニック

    草食系男子が有利!女性との関係を恋愛に持ち込むテ…

    「情熱系草食男子」と私が名付けた男性たち・・・恋愛に対する情熱はある…

  6. 男女関係はバランスが大切!恋人をあなた好みに変える方法

    男女関係はバランスが大切!恋人をあなた好みに変え…

    男女関係、つまり恋人とのお付き合いで、「バランス」という考え方をしたこと…

  7. 追われる恋愛テクニック!女性が追いかけたくなる4つの要素

    追われる恋愛テクニック!女性が追いかけたくなる4…

    恋愛に関して、「追うより追われる方が良い」なんて言われることもありま…

  8. それ間違ってます!男性が使う逆効果な3つの恋愛テクニック

    それ間違ってます!男性が使う逆効果な3つの恋愛テ…

    恋愛テクニックを使うときに、間違いやすいポイントを2つ挙げるとすれば・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール画像

恋愛アドバイザーの九条と申します。

某大手カウンセリングサービス会社の「心理カウンセラー養成講座」を卒業。


およそ13年に渡り、心理学を学び実践しています。


「失恋だらけの人生」「2度の離婚」そんなどん底状態から一転、39歳で過去最高の女性と結婚することに成功。


自身の経験と心理学から導き出した
「独自の恋愛成功法則」を世の男性たちに伝えています。


詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ

お問い合わせは こちら からお気軽にどうぞ。

ピックアップ記事

  1. 一人暮らしが出会いを引き寄せる?恋愛に効果アリな4つの理由
  2. 心理学の投影という意味を知り日常生活で役立てる方法
  3. 恋愛でライバルに勝つ方法!牽制は必要?真の男の戦い方とは
  4. 男性がどうしても解決したい恋愛の悩み4パターン
  5. 好きな女性はどのタイプ?恋愛心理を刺激する3つの型を見極める方法
  6. 心理学を応用!恋愛で言葉にパワーを持たせる3つの秘策
  7. 恋愛なんて幻想?結婚後に感じるモヤモヤの正体
  8. やり方間違ってる?相手を褒める恋愛テクニック
  9. 草食系男子が有利!女性との関係を恋愛に持ち込むテクニック
  10. 自信が無くても大丈夫!恋愛経験をサクサク積む3つの手順

ピックアップ記事2

  1. 一人暮らしが出会いを引き寄せる?恋愛に効果アリな4つの理由
  2. 心理学の投影という意味を知り日常生活で役立てる方法
  3. 恋愛でライバルに勝つ方法!牽制は必要?真の男の戦い方とは
  4. 男性がどうしても解決したい恋愛の悩み4パターン
  5. 好きな女性はどのタイプ?恋愛心理を刺激する3つの型を見極める方法
  6. 心理学を応用!恋愛で言葉にパワーを持たせる3つの秘策
  7. 恋愛なんて幻想?結婚後に感じるモヤモヤの正体
  8. やり方間違ってる?相手を褒める恋愛テクニック
  9. 草食系男子が有利!女性との関係を恋愛に持ち込むテクニック
  10. 自信が無くても大丈夫!恋愛経験をサクサク積む3つの手順

最近のコメント

    PAGE TOP