2つのパターン別診断!恋愛に自信が無いのは父親に負けたから?

もし、恋愛に自信があるか無いか、物心ついたときから決まっていたとしたら、どうしますか?

 

今あなたが恋愛に自信が無いのは、仕方のないことなのかもしれません。

 

私が学んだ心理学の世界では、この世に生まれて一番最初の恋愛は、異性の親とすると言われています。

 

そして、そのとき恋のライバルとなるのは同性の親。そう、男性なら父親です。

 

その最初の恋愛で父親に負けると自信が無くなってしまうというわけです。

 

いまからここでその詳しい心の仕組みを理解し、自信を取り戻していきましょう。

 

執筆者:九条竜也
恋愛アドバイザー、心理カウンセラー。14年の心理学の知識と経験をあなたにシェアします。実績(嫁)はプロフィール に掲載。

最初の恋のライバルは父親

生まれて最初にする恋愛が母親とで、そのライバルが父親だなんて気持ち悪いかもしれません。

 

しかし、心理学的には、母親を父親と取り合うイメージになるのです。

 

そして、そこで勝つか負けるかによって、自信がある男になるか、無い男になるかが決まるという考え方です。

 

では、その勝ち負けはどうやって決まるのか?それは、あなたの心が決めます。

 

幼い頃の母親は、あなたか父親のどちらをより好きだったのでしょうか?

 

「オカンはオトンより絶対おれの方が好きだったな」

 

そう感じたなら、勝者のパターン。

 

「オカンはオトンのことばかりで、おれのこと愛してくれなかった」

 

そんなふうに感じたなら、敗者のパターン。

 

それぞれのパターンについて、その後の影響も含めて詳しくお話します。

勝者のパターン

勝者のパターンでは、罪悪感を持ちやすくなります。

 

なぜかと言うと、「父親から母親を奪ってしまった」と感じているからです。

 

人によってはこの罪悪感が強すぎて、なぜか彼氏のいる女性を奪って、その後元の彼氏のもとへ返すということをしてしまうこともあります。

 

これは奪いたいわけではなく、その後の「返す」ということをしたいがためにわざわざ奪うのです。

 

もちろん意識してやっているわけではありません。こんな無意味なことをさせるのは無意識の領域。

 

また、勝者は勝ったことで自信を持つので、その後の恋愛では、愛するより愛されることの方が多くなりやすい。

 

いわゆるモテるタイプが多いです。

敗者のパターン

敗者のパターンでは、無価値感を持ちやすくなります。

 

無価値感というのは、「どうせおれなんて・・・」と自分に価値を感じないという感情です。

 

そうすると、その後の恋愛でも、

 

  • 「おれのことなんて好きになるはずがない」
  • 「おれにこんな事されても嬉しくないだろう」
  • 「おれよりあいつの方が良いに決まってる」

 

こんなふうに思ってしまうことが多く、なかなか自信が持てません。

 

もし、敗者のパターンだなと思ったら、今自信が無いのはコレのせいかもしれないので、自分を責めないようにしてくださいね。

自信を取り戻す方法

では、敗者のパターンで、自信を失ってしまった人はどうしたら良いのでしょうか。

 

まず、この記事を読まれたことで、「勝者のパターン」と「敗者のパターン」があることを知りました。この気づきによって、徐々に自信を取り戻していくこともあります。

 

しかし、それでもだめなときは、以下のようなことを実践してみてください。

 

  1. 母親の愛を感じる
  2. 母親に愛された出来事を50個書き出す
  3. 自分の良い所を10個書き出す

 

これらは、今から詳しく説明しますが、1から順番にやった方が良いですね。

母親の愛を感じる

お母さんはあなたを愛してくれなかったのでしょうか?

 

これからお話することを、目を閉じて想像してみて下さい。

 

-----ここから-----

病院のベッドの上で、あなたのお母さんはすごく苦しそうです。

 

汗をダラダラ流し、ぎゅっと手を握り締めて、大声でうなりながら必死で何かを耐えています。

 

目を背けたくなるような光景ですが、それもやがて終わります。

 

病院の部屋中に大きな赤ちゃんの産声が上がりました。

 

今、お母さんのお腹から産まれてきたのは、あなたです。

 

あんなに苦しそうにしていたお母さんは満面の笑顔、看護婦さんたちからは「おめでとう!」の嵐。

 

あなたの頭を優しくなでる、お母さんの嬉しそうな顔をよく見てあげてください。

 

その顔を見ながら、しばらくお母さんに抱かれている感覚を感じていましょう。

母親に愛された出来事を書き出す

物心ついたころから今までのことを、頑張って思い出してみてください。

 

どんな些細なことでも良いので、お母さんに愛された出来事を50個、紙に書いていくのです。例えば、

 

  • いつもご飯作ってくれていた
  • 学校へ送り迎えしてくれたことがあった
  • 病気のとき、看病してくれた
  • 誕生日を祝ってくれた
  • おもちゃを買ってくれた

 

などなど、なんでも良いです。

 

本当は50個どころではないはずですが、抵抗があるとなかなか出て来ないかもしれません。

 

出来る限りひねり出してください。

自分の良い所を書き出す

最後は、自分の良い所を書き出す実習です。こちらは10個。

 

無価値感が強いと本当に出てきませんが、そういうときは「個性」にしましょうか。

 

良い所も悪い所も受け取り方次第なので、「個性」にすることで、悪い所を良い所へと変えます。

 

  • 男らしくない → 穏やか、優しい
  • 怒りっぽい → エネルギッシュ
  • 頑固 → 芯がしっかりしている

 

このように欠点だと思っているところも、長所に変換して書き出していきましょう。

 

あなたにも、たくさん良い所がありますね。

まとめ&おわりに

恋愛でどうしても自信が持てない・・・

 

そんなときは、赤ん坊の頃に母親を父親と取り合って、負けたせいかもしれません。

 

これは「エディプスコンプレックス」に関係しています。

 

エディプスコンプレックスとは、上記そのままなのですが、幼児期に母親が欲しくて父親に対抗心を燃やす心理のことです。

 

もしあなたが今、自信が無くても、自分のことを「だめなやつだ」なんて思う必要はありません。

 

自信があるかどうかは、このような体験や思い込みなどで決まるだけで、あなたが実際、男性として素晴らしいかどうかとは無関係なのです。

 

もしもエディプスの敗者のパターンで自信が持てないときは、上に挙げた実習を是非やってみてください。

 

あなたが幸せな恋愛を出来るよう祈っています。

超高確率で気に入った女性をゲットできる恋愛方法

 

「このまま一生一人かも・・・」そんな不安を解消して、これからの人生を大好きな女性と一緒に過ごしませんか?

 

まだほとんどの男性が知らない、新しい恋愛方法を使って、コッソリあなただけ素敵な彼女をゲットして下さい。

 

  • カッコイイ外見
  • 言葉巧みな話術
  • 面白く楽しい会話
  • 女性心理の知識
  • 人並以上の経済力

 

これらは必要ありません。

 

今のままのあなたでスタートして6ヶ月後には、91.7%の確率で街を歩くラブラブなカップルたちの仲間入りです。

 

おすすめの記事